夜泣きにも効果的な抑肝散【安全性に優れているのが特徴】

副作用が出たら医師に相談

カウンセリングを受ける男性

妊娠中や授乳中は避けたい

抑肝散は漢方の生薬のひとつですが、不安や緊張を感じやすい神経症、精神的にイライラしたり、怒りっぽいので悩んでいる人にお勧めです。中国ではお子様にも処方しているため、安全性に優れているのが特徴です。精神神経科の病院で処方される精神安定剤に比べると、副作用が少ないのが特徴ですが、服用をする時に気を付けたい点はあります。妊娠中や授乳中の場合は、普段よりも体がデリケートになっているため、念のために服用しない方が良いでしょう。大人の場合は一回に一包を2、3回に分けて飲みますが、2回分を一度に飲むのは避けて下さい。正しく服用をすると、自律神経に働き掛けて、不安や緊張、イライラ、不眠などを緩和する効果があります。抑肝散は食欲不振や倦怠感などの副作用が見られることがあるため、気になる症状が見られたら医師や薬剤師に相談をして下さい。健康な人の場合は問題ない程度なので安心できます。抑肝散は5歳以上のお子様も服用ができますが、決められた分量をきちんと守って飲ませることが大事です。抑肝散は数種類の生薬をブレントして作られており、顆粒タイプや粒状などの商品があります。比較的副作用が少なく、安全性の高い漢方薬なので、正しく服用すると優れた効果を実感できます。粒が小さく飲みやすい商品も販売されています。漢方外来のクリニックや、漢方薬を取り扱っている薬局などで購入ができます。神経症や不眠、更年期の体の不調、虚弱体質で神経が昂るなどの症状が見られる人は、しばらく服用を続けてみると良いでしょう。些細なことでイライラしたり、お子様や配偶者に怒鳴ったりしてしまうので悩んでいる人が増えていますが、更年期によるホルモンバランスの乱れが原因の可能性があります。抑肝散は神経に作用をするため、精神症状や体の不調、歯ぎしりなどを緩和する働きがあります。胃腸の弱い人は食前や食間に服用することが大事です。お子様の夜泣きや夜驚症などで悩んでいる人も、飲ませてあげることで辛い症状が改善することが多いです。抑肝散は中国では大変ポピュラーな漢方薬なので、一度試してみると良いでしょう。

Copyright© 2018 夜泣きにも効果的な抑肝散【安全性に優れているのが特徴】 All Rights Reserved.